ドル円反落・・・ スワップ金利 FX

スワップ金利 FX
FXでスワップ金利で稼ぐには? FXのスワップ金利とは? FX取引会社比較やFXスワップ金利比較 FX投資はやっぱりスワップ金利!? スワップ金利はFXの醍醐味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ドル円反落・・・

ドル円は112円台後半反落してきてますね。第1四半期の米国内総生産(GDP)改定値が事前予想を下回ったことや米インフレ懸念がやや後退したことなどがドルを圧迫し、1ドル=111円台後半中心に軟調に推移しています

ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比93.73ドル高の1万1211.05ドルと大幅続伸。10年物米国債の利回りは前営業日比0.03%上昇の5.07%(米東部夏時間午後4時30分現在)。

推移は・・・

東京市場でのドル円は、112円台半ばを中心に横ばいに推移。ドルは米利上げ観測の強まりから5日以来の高値水準へと上昇した24日の流れは続かず、日米の経済統計の発表や米市場の3連休を控えていることなどから、積極的な取引が見送られた。

欧州市場でのドル円は、112円近辺へ軟化。

ニューヨーク市場でのドル円は、111円台後半を中心に上値が押さえられる格好となりました。ドルは欧州市場からポジション調整絡みで切り下がるなか、朝方に発表された第1四半期の米GDP改定値が、速報値からは上方修正されたものの、事前予想を下回ったことや、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注目するコアPCE(個人消費支出)価格指数が据え置かれたことからインフレ警戒感が薄れたことが嫌気された。ただし、週末に3連休を控えて見送りムードも強く、ドルはじりじりと下値を切り下げました。

あるディーラーによると、「コアPCE価格指数が伸びなかったことがドル下落の一因だろうが、6月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)までは1カ月もあり、今後発表される経済指標の方が注目されるところ。ただし、現時点では米金利動向にスポットが当てられているとは思われず、3連休を控えていることなどから、ポジション調整の動きが中心なのではないか」とのことです。

2006年05月26日 トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://fxgaikokukawase.blog27.fc2.com/tb.php/14-6ee39f60

今週の超重要イベント&相場観

ドル円

2006年05月29日 FX TECHNICAL REPORT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。